便秘を解消してきれいすっきり健康に

便秘を改善・解消する方法を、TCM (東洋医学・伝統中国医学・中医学)の観点からわかりやすく紹介します。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェット型便秘全般の解消法

ウェット型便秘に共通して効果のあるのは、ずばり

 

エクササイズ


                      エクササイズ--運動

 ある英語のTCM(伝統中国医学)の本では、健康にとって最も大切なものが次の順番
であげられています。
   1 瞑想
   2 エクササイズ
   3 口にするもの(食べ物、薬草)
   4 鍼(はり)
   5 占星術
   6 数秘術

 エクササイズは食べ物や漢方薬、針治療より重視されています。
 便秘ではなくてもエクササイズは大切です。
 エクササイズをすることで、気*エネルギー* が流れ、血のめぐりがよくなり、体内の老廃物質
だけでなくネガティブな感情もお掃除してくれます。エクササイズをして気分がすっきりした経験
はどなたにもあると思います。

 ウェット型便秘の方には、静かなタイプのエクササイズがお勧めです。
    
        ストレッチ、ヨガ、太極拳、気功 などでしょうか !!
        ウォーキングもいいですね。

 太極拳は自分で学ぶのは無理だと思いますが、ヨガは本やビデオを見て学ぶこともできま
す。また、近年指ヨガに人気が集まっています。指ヨガは最も手軽に始められるエクササイズ
かもしれません。 
 気功と聞くと、テレビの影響で人を飛ばしてしまう気功をすぐに想像してしまいますが、
静かな気功があります。ラジオ体操の一番最初の動きをゆっくりやるような感じです。筋肉
とかは使いませんが、気がよく流れます。脚が弱い方にはお勧めです。

 運動がいいとわかっててもなかなか、、、、という方、まずはお風呂のあとストレッチをされて
みてはどうでしょう?仰向けになって背伸びするように両腕をのばすだけでも気が流れます。
それから小学校の体育の時間にやった屈伸をゆっくりやるとか、、、
自分が好きな音楽をききな がらやるのもいいですね。スローな音楽がおすすめです。
リラックスするのを助けてくれます。

 通勤で結構歩いてるんだけど、、、という方。自分の歩きを意識してみられることをお勧めし
ます。自分の動作を意識すると、なぜかエネルギーが流れます。エネルギーが流れると気
持ちよくなって、気持ちよくなるとリラックスして自律神経に働きかけるのでしょうか、便通が
よくなったりしますよ~。悩みながら歩く代わりに、悩むエネルギーを身体を意識する方に
向ける!という見方はどうでしょう。


 ”腸に湿熱あり” ウェット型便秘は、湿熱が腸の働きを妨げています。 湿熱は気を滞らせて、
私たちの臓器の正常な働きを低下させます。
 エクササイズは 湿熱で滞ってしまった気の流れをよくしてくれます。
 激しい運動はかえって湿熱を助長する場合もありますので、あまりお勧めできません。

 ”気 *エネルギー* 不足” ウェット型便秘は腸を動かすエネルギーが不足しています。
 エクササイズをすることで気を補うことができます。
 激しい運動は体力を消耗して気不足を進行させてしまうのでお勧めできません。
 ヨガや太極拳、気功は気を養うのにお勧めのエクササイズです。

 ”腸が冷えている” ウェット型便秘は身体を暖める力が足りません。
 いわゆる冷え性ですね。
 エクササイズによって体力をつけて身体を温める力を補えます。


もう一つおすすめが”酵素ドリンク”

 酵素ドリンクは身体を温めてくれます。
 また、質の良い酵素ドリンクは栄養を補給でき身体が元気になります。
 腸が実際の働きをする元気がない人にはおすすめです。

 
酵素で便秘解消







スポンサーサイト

ウェット型便秘Ⅲ(腸が冷えている)の解消法

ウェット型便秘Ⅲ(腸が冷えている)
 体を温める機能が低下しているために腸も冷えて腸の働きが弱まり、便秘になります。
 このタイプの便秘の方は、体を温めて元気をつけ、腸の煽動運動を促しましょう。

 身体を温めるにはいろいろな方法があります。
  ●エクササイズをしましょう。
     エクササイズは身体を温めてくれるとともに、身体を温める機能も向上させてくれます。
     体力のない方は、ウォーキングや、ストレッチ、ヨガ、気功などから始めて
     みられてはどうでしょうか?

  ●湯たんぽで身体を温めましょう。
     腸の冷えによる便秘の方は、冷え性だったり居住地が寒冷地だったりします。
     湯たんぽはお腹や腰を冷えから守ってくれます。
     足も温められ、昔からの便利な暖房器具です。

  ●腹巻でお腹を温めましょう。
     腹巻も、湯たんぽ同様お腹や腰を冷えから守ってくれます。
     自分にあった腹巻をみつけられたら、湯たんぽよりお手軽で使い易いかも
     しれません。
     
  ●シャワーだけでなく、湯船にゆっくりつかりましょう。

  ●温泉---いいですね~。

  ●ペットを抱きましょう。
     猫や、子犬を膝の上-お腹の前にだっこしてお腹を温めましょう。
     ペットとの優しいふれあいは、心の面での癒し効果もあります。
     ペットのやわらかいぬくもり、信頼感はストレス緩和の一助にもなることでしょう。

  ●冷たい飲食物を控えましょう
     生野菜サラダ、アイスクリーム、ジュース、、、、
     水はよいですが、室温の水を飲みましょう。

  ●温かい飲み物を飲みましょう
     お茶、生姜茶、チャイ

  ●料理された温かい食べ物を食べましょう

  ●身体を温める食べ物を摂るよう心がけましょう
     辛い食べ物: カレー、インド料理、タイ料理、韓国料理、、、
          * 摂りすぎには気をつけましょう。
 
  

ウェット型便秘Ⅱ(気 *エネルギー* 不足)の解消法

気 *エネルギー* 不足によるウェット型便秘は腸を動かす気--エネルギーが足りなくて便秘になります。ですから、気を補うことが大事です。

 ●気を養うエクササイズ(運動)をしましょう。
   気不足によるウェット型便秘の方は、おそらくエクササイズが足りないと思われます。
   激しい運動は体力を消耗して気不足を進行させてしまうので、静かなタイプのエクササイズ
   がお勧めです。

ヨガ

 ●気を養う食べ物を摂りましょう
   気は主に食事から作られるので、バランスの取れた食事をして十分な栄養を摂りましょう。
   無理なダイエットは栄養不足になり、気不足を助長してしまうので勧められません。 
   気が足りないと代謝も悪くなり、太りやすい体になるそうですよ。

   穀類: もち米
   根菜類: やまいも、里芋、じゃがいも、玉ねぎ、らっきょう、生姜、にんにく
   野菜 : にらの芽、にら、ブロッコリ、アスパラガス、キャベツ
   果物: りんご
   豆類: 豆、豆腐、豆乳、納豆
   魚肉類: 牛肉、羊肉、うなぎ、えび
   きのこ類
   木の実: 栗、クルミ、
   シナモン、山椒、
 
 ●食物繊維???
   このタイプの便秘の方は食物繊維系の健康食品を摂っても腸を動かす元気がもともとない
   ので効果がなかったりします。あ~~だからかあ~~~という方、いらっしゃるかもしれま
   せん。

ウェット型便秘Ⅰ(腸に湿熱あり)の解消法

ウェット型便秘Ⅰ(腸に湿熱あり)の便秘解消法
  ●腸の湿熱を摂るためにはまずはエクササイズでしょうか。
   激しい運動は却って湿熱を助長する場合もありますので、静かなタイプのエクササイズ
   お勧です。

ストレッチ


  
  ●バランスのとれた食事を摂るよう心がけましょう。
   なかなか、、、という方には野菜エキス--青汁--がお勧めです。

  ●脂っこい物(揚げ物やチップ)、アルコールの摂り過ぎに気をつけましょう。
    摂りすぎは腸に湿熱をもたらします。腸の中は湿って臭い台所のスポンジ状態!
    悪玉菌がうようよ~~って想像してしまいますね。  

  ●オリゴ糖で善玉菌をふやしましょう。
   ”腸に湿熱あり” の便秘の方にはオリゴ糖がお勧め。
    オリゴ糖は腸内の善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)のえさとなって、その結果善玉菌が 
    増えるというわけです。善玉菌が増えれば悪玉菌を退治してくれます。

 | 便秘を解消してきれいすっきり健康に | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。