便秘を解消してきれいすっきり健康に

便秘を改善・解消する方法を、TCM (東洋医学・伝統中国医学・中医学)の観点からわかりやすく紹介します。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェット型便秘とは

ウェット(湿潤)型便秘の見分け方は簡単
 何度も拭く必要があれば、あなたはウェット型便秘!
 便は粘りっこい、出始めは硬いけどあとはやわらかい といった状態です。

なぜ ウェット型便秘になるの?
 腸が湿っているからです。
 では なぜ腸が湿ってしまうのでしょうか? それには2つあげられます。

 ●ウェット型便秘Ⅰ(腸に湿熱あり)
  腸が湿ってかつ熱を持った状態です。
  東洋医学ではこれを「湿熱」といい、臓器に湿熱が生じると正常な働きが妨げられます。
  食器洗いのスポンジが湿ったままで細菌がわいたような感じといえるかもしれません。
  腸に湿熱が生じると、大腸の蠕動運動がうまく行われず便をうまく押し出せないといった
  状態です。  
  
  腸に湿熱が生じる要因
  ・運動不足
  ・食事の不摂生
  ・脂っこい物 消化しにくい物 アルコールの取り過ぎ

  症状
  ・粘りっこい便、出始めは硬くあとは粘りっこい便、排便感があるがでにくい
  ・腹部膨満感
  ・口が粘る
  ・尿量が少なく色が濃い
  ・身体が重くでだるい感じがする
  
  ●ウェット型便秘Ⅱ(気 *エネルギー* の不足)
  腸を動かすエネルギーが不足して便をうまく押し出せないといった状態です。
  腸管の働きが弱いので水分の吸収も不十分です。

  腸を動かすエネルギーが不足する要因
  ・栄養・体力不足
  ・体質的なもの
  ・老化
  ・慢性病
  ・無理なダイエットをした あるいはダイエット中

  症状
  ・便の出始めが硬くあとは柔らかい
  ・排便が困難で排便後疲れる
  ・疲れやすい、体力があまりない
  ・顔色や舌の色が白っぽい
  ・立ちくらみ

  ●ウェット型便秘Ⅲ(腸が冷えている)
  身体を温める機能が低下し、そのため腸も冷えて腸管の働きが弱まり便が停滞する
  といった状態です。
  
  身体を温める力が不足する要因
  ・体力不足
  ・老化
  ・慢性病
  ・冷たい飲食物を好む
  ・寒冷地に住んでいる

  症状
  ・便の出始めは硬く後は柔らかい
  ・冷え性、寒がり、温暖を好む
  ・顔色が青白い
  ・尿が薄く多い
  ・夜間頻尿
スポンサーサイト

 | 便秘を解消してきれいすっきり健康に | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。